自律神経失調症

自律神経のバランスが崩れてしまい、身体面のみでなく、精神面にまで様々な不調をもたらす状態のことをいいます。バランスを崩す原因はストレスです。急な変化や、日常生活のダメージの蓄積が自律神経のバランスを崩していきます。生きている限りストレスを全部無くすことなどできません。大切なのはダメージを受けても回復できる体なのです。使い続ければ体は壊れます。神経の通り道である背骨を整えることでストレスに負けない、寝たら治る、自然治癒力の高まった体になっていまきます。


自律神経の乱れによって引き起こされる症状

自律神経による不定愁訴は実に様々で、
体のいろいろな場所に現れます。

筋肉のこり、痛み、頭痛、ドライアイ、痺れ、めまい、耳鳴り、耳が詰まる、動悸、立ちくらみ、ほてり、冷え、体のだるさ、息苦しさ、のどの違和感、ドライマウス、体のこわばり、のぼせ、多汗、かゆみ、微熱、食欲低下、胃もたれ、吐き気、下痢、便秘、不眠、不安感、顎関節症、味覚異常、気力の低下、集中力の低下、倦怠感、涙もろい、怒りっぽい、ホルモンの乱れ、生理不順、不妊、パニック症、うつ

これらは一部に過ぎません

自律神経系の症状は頭の先から足の先、脳、内臓、呼吸器、循環器系まで全身いたるところに現れます。これらは自律神経が体の全ての器官と関係しているためです。複数の症状にお悩みの方もいれば、一つの症状に長年悩まされている方もいらっしゃいます。辛い場所が特定されない事もあり、昨日は肩こり、今日はのどの締めつけ感、その次の日は腹痛というように、その日によっても症状は変わる事があります。また症状の現れ方も、毎日続く人もいれば、日によって現れたり消えたりを繰り返す人もいます。